二重まぶたの研究室

二重手術

現在広く行われている二重手術には以下の方法があります。
1)埋没法
埋没法単独
埋没法+脱脂(いわゆるマイクロカット法)
2)切開法
全切開法(いわゆる切開法)
小切開法

埋没法

埋没法(単独)

方法
皮膚を大きく切開せずに、まぶたに糸を通すことによって二重を作る方法です。 まぶたの中に残した糸によって、皮膚と瞼板(もしくは眼瞼挙筋)との間に結びつきを作り、二重を維持します。

埋没法(単独)

特徴
・手術後の腫れや内出血が少なく、早く完成する。
・万一結果が思わしくない場合もやり直しが容易にできる。
・切開法に比べて二重が取れやすい。
・適応が限られる。

適応
・まぶたが厚くなく、二重のクセが簡単につきやすい人。
・タルミがない、もしくは軽度のタルミのある人。
・眼瞼下垂がない、もしくはあってもごく軽い人。
・ブジーテストで埋没法の適応ありと判断された人。

ブジーテストとは

埋没法が適するかどうかを判断する簡単なテストが、「ブジーテスト」と呼ばれるものです。
ブジーとは眼科で使用する細い針金状の道具で、クリップなどの細い針金でも代用できます。
目を閉じた状態で、患者さんが希望する二重のラインに沿ってまぶたをブジーで押さえ、目を開けてもらってからゆっくりブジーを離します。できた二重が、まばたきをしない限りずっと維持できるようなら埋没法の適応と考えます。
しかし、まばたきをしないうちに二重がゆるむようであれば、埋没法はむかないと判定します。このような患者さんに仮に埋没法を行っても、短い期間で一重に戻ってしまうか、浅くゆるんだ二重にしかなりません。
埋没法が適する患者さんであっても「ナチュラルライン」と呼ばれる二重になりやすいラインが存在します。この「ナチュラルライン」に沿って作った二重は自然で取れにくい二重になりますが、「ナチュラルライン」を無視した幅の二重は取れやすくなると考えられます。

当院の方法の特徴
埋没法の二重がゆるむ場合、糸が瞼板側でゆるむことは少なく、多くは皮膚側でゆるみます。当院の埋没法の標準術式は、片側2本の糸を用いて二重の固定を行います。そして、皮膚を点ではなくできるだけ線で固定することによって二重がゆるむことをできるだけ防止しています。1本の糸を使って2点を固定する方法に比べて、皮膚側の固定が強固になり二重が取れにくくなります。
瞼板に固定する部位は瞼板上縁とし、瞼板へのダメージを最小限にして霰粒腫の予防に配慮します。瞼板のまつ毛に近い側にはマイボーム腺と呼ばれる組織が発達しており、瞼板の低い位置に糸を通すとマイボーム腺の分泌障害をおこしやすくなります。さらに、糸による角膜損傷の可能性も高くなります。一方、瞼板ではなく眼瞼挙筋に直接糸をかける方法は、眼瞼下垂を助長する可能性があり避けるべきと考えています。
手術前のデザインに時間をかけ、また手術中は腫れ・内出血を少なくするように最大限の注意を払っています。流れ作業的な手術はいたしません。

埋没法手術の保証
1年以内に二重が消失した場合は、1回まで無料で再手術します。
1年以降2年以内に二重が消失した場合は、半額で再手術します。

埋没法の手術例1
埋没法の手術例1-1

【術前】

蒙古ヒダが発達し、皮膚のたるみも多い

矢印

 

 

埋没法の手術例1-2

【手術直後】

 

矢印

 

 

埋没法の手術例1-3

【術後1ヵ月】

蒙古ヒダに合わせて自然な末広形に

埋没法の手術例2
埋没法の手術例2-1

【術前】

 

矢印

 

 

埋没法の手術例2-2

【術後5年】

やや浅くなるものの幅広い二重を保っています

埋没法+脱脂

方法
埋没法手術と同時に眼窩脂肪と呼ばれる上まぶたの脂肪を除去します。
2~3㎜の小さな切開から、主に外側部分の眼窩脂肪を取り除きます。傷は将来的にほとんど残りません。

埋没法+脱脂

特徴
・埋没法と同様に、切開法に比べて腫れや内出血が早くおさまる。
・眼窩脂肪が原因の腫れぼったさ(特に寝起きの腫れ)が改善する。
・あくまで二重は埋没法で作成するので、二重がゆるむことがある。

適応
ブジーテストで埋没法の適応があると判断された人の中で、腫れぼったさも同時に改善したい人にむいています。
腫れぼったいまぶたの原因は、眼窩脂肪だけではありません。眼窩脂肪は加齢とともに減少します。手術費用の水増しのために、不必要な脱脂が一部のクリニックで行われていることに注意して下さい。

埋没法+脱脂の手術例
埋没法+脱脂の手術例1-1

【術前】

眼窩脂肪が多い厚いまぶた

矢印

 

 

埋没法+脱脂の手術例1-2

【術後1ヵ月】

脂肪を除去して二重もはっきりしています

切開法

全切開法

全切開法

方法
全切開法とは、二重となるラインのほぼ全長(3㎝程度)を切る方法で、最も確実に二重ができる方法です。
ブジーテストで二重ができにくい人は、全切開法が適応です。皮膚のタルミがある人は、同時にタルミを切除することができます。また、眼窩脂肪が多い人からは、容易に脂肪を除去することができます。眼瞼下垂がある人は、同時に修正することができます。あらゆるまぶたの人に対応できるので、全切開法は二重手術の基礎となる方法ということができます。
手術後5日後に抜糸を行います。

特徴
・取れにくい二重を作成できる。また、くっきりとした二重になる。
・二重を望む全ての人に対して、対応することができる。
・手術後の腫れが落ち着くまでの時間が長くかかる。
・手術後に元の一重に戻すことはできない。また、二重の幅が広すぎる場合、狭く修正することが難しくなる。
・切開創が残こるが、二重のライン上に傷が残るため、将来的には目立たない。

適応
・二重を希望する全ての人。
・ブジーテストで二重を保てないまぶたの厚い人。
・眼瞼下垂のある人。ただし、眼瞼下垂がある場合は、全切開法と同時に眼瞼挙筋の前転手術が必要。

全切開法の手術例1
全切開法の手術例1-1

【術前】

厚いまぶた
幅広い二重を希望

矢印

 

 

全切開法の手術例1-2

【術後1ヶ月】

まだむくみが残り、幅がやや広めです

矢印

 

 

全切開法の手術例1-3

【術後4ヶ月】

むくみがとれてくっきりとした二重になっています

全切開法の手術例2
全切開法の手術例2-1

【術前】

皮膚の被さりが多いまぶた
控えめな二重希望

矢印

 

 

全切開法の手術例2-2

【術前】

外側の皮膚を切除し、二重の幅は狭くデザイン

矢印

 

 

全切開法の手術例2-3

【術後1ヶ月】

まだむくみが少し残っていますが、希望通り二重になっています

小切開法

小切開法

方法
1㎝程度の短い切開で、二重を作成します。
皮膚の切除ができず、癒着の範囲が限定されるので、埋没法に近い変化にとどまります。

特徴
・埋没に比べて二重がゆるむ確率が低く、全切開法に比べて腫れが引くのが早い。
・切開した部分だけが少し凹むので、目を閉じた時に全切開法よりもかえって傷がわかりやすい。

適応
埋没法の適応ではあるけれども、より取れにくい二重を作りたい、埋没法のように結膜側に糸を通したくないという人。(まぶたが厚く、ブジーテストでゆるむ人は全切開法が適応。)

小切開法の手術例
小切開法の手術例

【術前】

埋没法を嫌い、小切開法を希望

矢印

 

 

小切開法の手術例

【術後5日】

抜糸時のまぶた

矢印

 

 

小切開法の手術例

【術後5日】

まだすこし腫れがあります

矢印

 

 

小切開法の手術例

【術後1ヶ月】

全切開法と違い、腫れがほとんどとれています

二重手術のエトセトラ

1.平行型の二重にするにはどうすればよい?

二重の形態は、末広型と平行型の2種類に分けられます。平行型の二重はかわいい印象を人に与えるので若い人に人気です。平行型の二重にするためには、ある程度広めの二重にしなければいけません。
蒙古ヒダがないか軽度の場合は、平行型の二重を作ることは比較的容易です。埋没法できれいな平行型にする場合は、広めのラインとして、内側の固定を外側の固定よりわずかに幅広く取ることがコツとなります。
日本人には目頭の蒙古ヒダが発達している人が多く、その場合はいわゆる末広型のラインにした方が自然で無理がありません。蒙古ヒダが発達した人は平行型になりにくく、不自然なまでに幅を広げないと平行型にならないことがあります。蒙古ヒダを残したままだと特に内側のラインを保つことが難しく、平行型になりにくい人には二重手術と同時に目頭切開の手術を行う必要があります。目頭切開の手術は傷が目立つことがあり、本来ならできるだけ避けたい手術です。
また、もともと目を開ける力が弱い人(目の縦幅が狭い人)に対して幅の広い二重を作ると、パッチリ二重になるどころかかえって眠たそうな目になってしまいます。その場合は、切開法で二重を作成するとともに眼瞼挙筋を前転させる眼瞼下垂の手術を行います。

2.二重の幅をいくら広げても思ったほど幅が広くならないのは?

二重の幅を広げようと、二重手術を繰り返す患者さんがいます。しかし、眉毛の位置が低くて眉毛と黒目の距離が近い人では、期待したほど二重の幅は広くなりません。眉毛の位置に注目せずに、二重の幅の部分だけにこだわるとこのようなことが起こります。
眉毛の位置が低い場合は、二重の幅を広げる目的で前額リフト(ブローリフト)を必要とすることがあります。若い人で眉上げを目的とした前額リフトの場合は、内視鏡を使った手術法が一般的です。

3.くぼみ目があると二重にならない

手術後、少し腫れていた時はきれいな二重だったのに、腫れがひいたら安定した二重にならなくなってしまうという事があります。
くぼみ目があると、二重の手術をしても期待したような二重になりません。
目の周囲の脂肪量は個人差が大きいのですが、一般的に加齢によって脂肪は減少します。さらに腱膜性眼瞼下垂や、眉毛を挙上するくせはくぼみ目を悪化させます。
腱膜性眼瞼下垂があるがある場合は、眼瞼下垂手術を行って修正します。
眼瞼下垂のないくぼみ目に対しては、脂肪注入またはヒアルロン酸注入を考慮します。

4.「脱脂」には注意を

脱脂は2~3㎜の小さな切開から脂肪を除去する手術です。脱脂と二重切開法を混同される人がいますが、脱脂は二重切開法ではありません。
「特殊な技術で針の穴から脂肪を取ります」と宣伝するクリニックもありますが、それは集客のための放言で、針穴から脂肪のかたまりを出すことなどできません。2~3㎜切っても目立つ傷になることはほとんどありませんから心配する必要はありません。
多くの人は「腫れぼったいまぶた=脂肪が多いまぶた」と考えるようです。それで、腫れぼったいまぶたは、脂肪取り手術(脱脂)を行えば改善できると考えがちです。
脱脂によって除去できる脂肪は、「眼窩脂肪」という眼球周囲の脂肪です。眼窩脂肪は眼窩隔膜という膜に包まれていて、この膜に穴を開けて引き出すことができます。眼窩脂肪が本当に多い人ならば脱脂は有効な手術ですが、まぶたには眼窩脂肪以外にも脂肪組織があり、眼窩脂肪だけが腫れぼったさの原因とは限りません。皮膚のたるみや皮膚自体が厚い場合も腫れぼったいまぶたの原因になります。当然のことながら、腫れぼったさの原因が眼窩脂肪でない場合は、いくら脱脂を行っても改善しません。
加齢とともに脂肪量は減少するものなので、若いときに脂肪が多いからといって取ってしまうことは、必ずしも良いこととは限りません。
注意していただきたいのは、埋没法と必ずセットで脱脂を勧めるクリニックが一部に存在することです。脂肪を取る必要がない人にも、「あなたは脱脂をしなければきれいな二重にはならない」などと理由をつけて勧めるようです。もちろん、それは手術費用を多く取ることが目的です。中には、実際には脂肪をほとんど取っていないにもかかわらず、取ったふりだけする悪質なクリニックもあるようです。脱脂を埋没法手術と同時に行った場合、二重になったという大きな変化が起こったことで、本来なら必要のない脱脂であってもやって良かったと錯覚してしまう人は多いのです。

5.切開法では必ずしも切開線が二重のラインになるとは限らない

切開法では、切開した傷に沿って二重ができると思われる人が多いのではないでしょうか。
もちろん、切開線に沿って二重のラインができるように手術を行ないますし、そのようになることが理想です。
切開法は、傷が治る過程に生じる癒着によって二重ができます。皮膚を切った位置がそのまま二重のラインとなるとは限らず、癒着が起きた位置に二重が作られます。そのため、内部処理の程度や縫合の仕方によっては、切ったラインよりも狭い位置に癒着が起きてしまうことがあります。特に、皮膚の裏側の眼輪筋を厚く残し、瞼板前組織の処理が少ないと、切開法といえども二重のラインがゆるんで切開線より狭い二重になってしまいます。
当院では、切開線と二重のラインができるだけ一致するように、眼輪筋をしっかりと切除しています。

目頭切開

多くの日本人の目には、まぶたの内側の部分に蒙古ヒダと呼ばれる皮膚のヒダが存在します。この蒙古ヒダを取り去る手術のことを目頭切開(内眼角形成術)といいます。

手術の目的
目頭切開を行う目的は主に3つです。
目と目が離れているのを改善したい(内眼角距離を短縮したい)場合。
平行型の二重にしたい場合。
目の横幅を少し広げて目を大きくしたい場合。

目頭切開の注意点
日本人の内眼角距離は大体31~37㎜程度であり、35㎜以下の人に目頭切開を行うと、目と目が少し近くなりすぎる印象があります。
目頭切開手術の一番の問題点は、手術の傷が露出部分にできてしまうため、手術後の傷が目立つことがあることです。
二重手術の傷跡は目を開けている限り見えませんが、目頭切開の傷は常に露出したままです。特に手術後まもない時期は傷が赤くなるのでより目立ちます。
まぶたは傷がきれいに治りやすい部位ですが、目頭は「肥厚性瘢痕」といって傷が赤く盛り上がる現象が起こりやすいところです。肥厚性瘢痕は時間が経てば改善しますが、改善後も傷跡が少し幅広く残ることがあります。
また、蒙古ヒダを取りすぎた場合の修正は非常に難しくなります。蒙古ヒダを取りすぎるよりは、少し控えめな手術にとどめた方が安全です。

方法
目頭切開の方法は、大きく分けて内田法に代表されるW形成術と、Z形成術の2つに分類されます。
W形成術は変化の調節を行いやすく、適応の範囲が広いのが特徴です。W形成術では皮膚を切除しますので、後で元の状態に戻すことはできません。
Z形成術では皮膚を切除しない一方、変化の調節が難しく、大きな変化を望む人には向きません。Zの入れ方が悪いと、傷が目立つことがあります。

内田法による目頭切開 内田法による目頭切開
目頭切開の手術例
目頭切開の手術例1-1

【術前】

内眼角距離が広い

矢印

 

 

目頭切開の手術例1-2

【内田法術後4ヶ月】

ほとんど傷はわかりません

くぼみ目の治療

くぼみ目の原因
主な原因は3つです。
1.上まぶたの脂肪が少ない。
2.腱膜性眼瞼下垂がある。
3.眉毛を強く挙上する癖がある。

治療法
腱膜性眼瞼下垂が明らかな場合は、眼瞼下垂の治療を優先します。
眼瞼下垂がないか、下垂があっても軽度でまだ手術しなくてもよい場合は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入を行います。
明らかな眼瞼下垂もなく、眉毛を挙上する癖によってくぼみ目を呈している場合は、ボトックス注射が有効なこともあります。

くぼみ目の治療例1
くぼみ目の治療例1-1

【術前】

眼瞼下垂に伴う高度のくぼみ目

矢印

 

 

くぼみ目の治療例1-2

【眼瞼下垂手術後1ヶ月】

脂肪移植をしなくても眼瞼下垂手術だけでくぼみ目は解消しました

くぼみ目の治療例2
くぼみ目の治療例2-1

【術前】

軽度の眼瞼下垂はあるが、脂肪注入を希望

矢印

 

 

くぼみ目の治療例2-2

【脂肪注入直後】

二重のラインも改善

眉毛下タルミ切除術(上眼瞼リフト)

眉毛下タルミ切除術

方法
眉毛下に沿って切除し、まぶたのタルミを改善する方法です。
当院院長は2000年以降、上まぶたのタルミ取り手術の多くをこの方法で行っています。

特徴
・手術後の二重の形態が自然で、昔の二重がよみがえったような変化を得られる。
・手術後の腫れの引き方が早く、完成までの時間が短い。
・二重の部分には手をつけないので、従来のタルミ取りと違って手術後の二重が厚ぼったくならない。
・二重を希望しない人でも、一重のままタルミを取ることができる。
・くぼみ目が改善することがある。
・将来的に、傷はほとんど目立たない。
・露出部分に傷ができ、一定期間傷の赤みが残る。ただし、メイクで眉を描くことによって傷を隠すことができる。
・術後、やや直線的な眉になる。
・術後、上まぶたのシワが目立つことがある。
・眉毛下垂がある場合は、効果が出にくい。

適応
・本来の二重が残っていて、まぶたの自然な若返りを望む人。
・一重のままタルミを改善したい人。
・眉毛と黒目の距離が近くない人。
・タルミ取りと同時に二重作成を望む場合は、眉毛下切除と埋没法の併用が可能。

眉毛下タルミ切除の手術例1
眉毛下タルミ切除の手術例1-1

【術前】

 

矢印

 

 

眉毛下タルミ切除の手術例1-2

【術後1ヶ月】

たるみが解消してまぶたも自然。傷の赤みがまだ残るものの目立ちません

眉毛下タルミ切除の手術例2
眉毛下タルミ切除の手術例2-1

【術前】

 

矢印

 

 

眉毛下タルミ切除の手術例2-2

【術後1ヶ月】

腫れはなくまぶたは自然です。昔の奥二重がよみがえっています

眉毛上タルミ切除

方法
眉毛の上縁にそって皮膚を切除して眉毛を挙上し、上まぶたのタルミを取る方法です。

特徴
・眉毛下切除と同様、手術後の回復が早く自然な二重の形態が得られる。
・ブローリフトに比べて、手術が簡単である。
・眉毛の内側を挙上することが難しく、ややつり上がり気味の眉毛形態になる。

適応
・手術前の眉毛の位置が低く、眉毛と黒目が非常に近い人。
・顔面神経麻痺があり、眉毛が挙上できない人。
・眉毛の外側が特に下がっている人。
*眉毛の内側を含め眉毛全体を挙上する必要がある人は前額リフトが適応。

眉毛上タルミ切除の手術例1
眉毛上タルミ切除の手術例1-1

【眼瞼下垂術後】

眉毛の下垂のため、まぶたがたるんでいます

矢印

 

 

眉毛上タルミ切除の手術例1-2

【眉毛上たるみ切除術後4ヶ月】

眼瞼下垂は治っているので目はパッチリしています

眉毛上タルミ切除の手術例2
眉毛上タルミ切除の手術例2-1

【術前】

眉毛の外側が下がっています

矢印

 

 

眉毛上タルミ切除の手術例2-2

【眉毛上たるみ切除術後4ヶ月】

埋没法を併用して奥二重にしています

上眼瞼タルミ切除

上眼瞼タルミ切除

いわゆる従来からの上まぶたのタルミ取り手術です。

方法
二重のラインよりも上方の皮膚を切除し縫合します。
傷は二重のラインに一致してできます。
皮膚の切除量が多くなる場合は、二重のラインの外側まで皮膚を切除します。

特徴
・手術の傷がそのまま二重のラインになるため傷は目立たない。
・患者さんが二重を望む場合は二重の作成を同時に行うことができる。
・眼瞼下垂の修正を同時に行うことができる。
・皮膚の厚い人では、厚ぼったい不自然な二重になる。
・手術後の腫れが落ち着くまでの時間が、眉毛下切除法に比べて長くかかる。

適応
・まぶたの皮膚が薄い人。
・皮膚の切除量が少なく、二重作成を同時に望む人。

上眼瞼タルミ切除の手術例
上眼瞼タルミ切除の手術例1-1

【術前】

たるみ切除と同時に二重を希望

矢印

 

 

上眼瞼タルミ切除の手術例1-2

【術後6ヶ月】

控えめな二重のため、まぶたの厚ぼったさがありません

眼瞼下垂手術

当院では、眼瞼下垂手術、特に腱膜性眼瞼下垂の治療に力を入れています。
眼瞼下垂とは、まぶたを開ける力が弱く、まぶたを正常に開けることができない状態をいいます。
眼瞼挙筋自体には異常がなく、眼瞼挙筋腱膜という部分に問題があって引き起こされる眼瞼下垂を、特に「腱膜性眼瞼下垂」と呼んでいます。
加齢による眼瞼下垂、いわゆる老人性眼瞼下垂の多くは腱膜性眼瞼下垂です。さらに、コンタクトレンズが原因の眼瞼下垂も腱膜性眼瞼下垂です。コンタクトレンズを20年以上の長期にわたって装用していると、程度の差はあっても腱膜性眼瞼下垂を生じやすくなります。また、最近急速に増えた白内障手術などの内眼手術も腱膜性眼瞼下垂の原因になります。

腱膜性眼瞼下垂の病態
腱膜性眼瞼下垂は、まぶたを開く筋肉である眼瞼挙筋の腱膜がまぶたの瞼板からはずれてしまったため、眼瞼挙筋が働いてもその力が瞼板に伝わらない状態です。
腱膜性眼瞼下垂の多くは進行性ですが、筋肉に異常があるわけではないので、リハビリで症状を遅らせることはできません。治療法は唯一手術だけです。

腱膜性眼瞼下垂の病態

腱膜性眼瞼下垂の症状
・まぶたが重く、黒目の上半分が隠れている。
・眠たそうな目をしている。
・眉毛を挙げ、額にシワを寄せて物を見ている。
・上まぶたがくぼんで老けて見える。
・はっきりした二重ではなく、二重の部分に薄い線が2~3本ある。
・異常に幅広い二重。
・三白眼(黒目の下の白目が見える)である。
・原因不明の頭痛や肩こりに長年悩まされている。

腱膜性眼瞼下垂の治療
腱膜性眼瞼下垂に対しては、腱膜前転手術を行います。
皮膚を切開し、奥に後退した挙筋腱膜を引き出し前転して瞼板に縫い付けるという方法です。
腱膜の前転量だけでなく、皮膚切開の位置、皮膚の切除量などいろいろな要素が手術後の二重やまぶたの形態に大きく影響を与えます。
単にまぶたが開くようにさえなればいいわけではなく、美容面にも十分配慮した手術が行われる必要があります。

腱膜性眼瞼下垂の修正術
当院には、眼科等で眼瞼下垂の手術をしたけれども、期待したほど改善しなかった、不自然な目になったなどの訴えで修正に訪れる患者さんも多くいらっしゃいます。
他院修正例に対しても、原因を分析して可能な限り対応するようにしています。
また、眼瞼下垂手術が成功すると、その結果眉毛が下垂してかえってまぶたのタルミが目立つことがあります。その場合は、眉毛下タルミ切除又は眉毛上タルミ切除やブローリフトを行って症状を改善することができます。

眼瞼下垂の手術例1
眼瞼下垂の手術例1-1

【術前】

重症の眼瞼下垂

矢印

 

 

眼瞼下垂の手術例1-2

【術後6ヶ月】

 

眼瞼下垂手術の手術例2
眼瞼下垂の手術例2-1

【術前】

重症の眼瞼下垂

矢印

 

 

眼瞼下垂の手術例2-2

【術後1年】

 

眼瞼下垂の手術例3
眼瞼下垂の手術例3-1

【術前】

重症の眼瞼下垂。くぼみ目も目立ちます

矢印

 

 

眼瞼下垂の手術例3-2

【術後1ヶ月】

くぼみ目も劇的に改善

二重まぶたの研究室|治療費|いしい形成クリニック